引き出物選びについて【カタログギフトの選定を考えているなら】

記事リスト

女性

相手に合わせた贈り物

引き出物の持ち込みが出来ない結婚式場も多いので、事前にしっかりリサーチしておくと式場選びも失敗せずに済みます。ゲストそれぞれの好みに合わせた贈り物なら、より喜んでもらえる式にすることが出来るようになります。

女性

結婚のお祝いをもらったら

披露宴に出席しなかった人から結婚祝いをいただいた時は、内祝いという名目でお返しをするのがマナーとなっています。内祝いにはお返しをすべき時期や金額の相場等に関するルールがあるので、事前に確認のうえ粗相のないようにすることが大事です。

プレゼント

実用的な商品が人気です

友人や知人、親戚の人から、ご祝儀やお祝いのギフトを頂いたら、感謝の気持ちを込めて内祝いギフトを贈りましょう。インターネット通販のお店を利用すると食品や食器類、日用品などが豊富に揃っているので、じっくりと時間を掛けて選んで下さい。

夫婦

とても便利なお返し

結婚式での引き出物やお祝い返しにとても便利なものがカタログギフトです。カタログギフトなら贈る側も内容に困ることはありませんし、贈られた側も欲しい商品を選べます。双方にとって魅力ある商品で、利用者はとても多いです。

ギフト

好みのものを用意できる

引き出物は、結婚式会場が用意するものの中から選ぶか、外部の業者から持ち込みするかがあります。外部からだと手数料がかかりますが、自分たちの好みを反映しやすくなります。おもてなしの気持ちを伝えることができます。

お得に豪華なギフトを

カタログ

各業者の割り引き額に注目

結婚式の引き出物にカタログギフトを付けるのはもはや定番となっていますが、現在は様々な専門業者が存在しており、多様なギフトコースを販売しています。結婚に際して、カタログギフトの選定を考えているなら、各販売業者を比較しながら選ぶと良いでしょう。各業者充実したラインナップとなっているので、引き出物としてコースを選ぶ際にも物足りなさを感じることはありません。業者選びに迷ったときには、それぞれが打ち出している割り引きサービスに着目してみましょう。カタログギフト業界も業者間の競争が激しく、お得な割り引き価格でお客さんを募っています。3千円台のカタログを2千円台の価格で提供しているところもありますし、30%前後の割り引きは当たり前になっています。もちろん内容は従来コースのままなので、引き出物として見劣りすることはありません。ゲストに割り引き価格で購入していることを知られることもなく、満足感をもって受け取ってもらえます。そして、現在は式当日に贈るのではなく、後日各ゲストの自宅にカタログを宅配で届けるシステムも人気となっています。式当日はゲストもいろいろと荷物がかさばるため、できるだけ快適な状態で帰宅してもらうに越したことはありません。また、個別宅配を選択すれば、結婚式当日の引き出物に加えてさらに贈り物が届くのですから、二重の喜びを味わってもらえるでしょう。業者を利用する際には、式場で贈るのか宅配にするのかも、検討した上で購入することをおすすめします。