引き出物選びについて【カタログギフトの選定を考えているなら】

記事リスト

結婚のお祝いをもらったら

女性

正しいマナーで返礼を

結婚したカップルの許には、親族や職場の同僚・上司、友人・知人などさまざまな人たちから結婚祝いが届きます。こうしたお祝いに対しては、披露宴に出席してくれたゲストに対しては引き出物を贈ることでお返しをします。一方、結婚式に招待しなかった人や招待したけど出席しなかった人から結婚祝いをいただいた場合は、内祝いという形でお返しをするのがマナーとなっています。内祝いは、元々は結婚の報告を兼ねた幸せのおすそ分けという意味合いを持つ習慣でしたが、現在では結婚祝いに対するお返しとして広く定着しています。お返しの時期はできるだけ早いに越したことはありませんが、結婚式後おおむね1ヶ月以内であれば良いとされています。ただ、結婚祝いをいただいてからお返しをするまでに間が空く時は、とりあえず電話やお礼状で感謝の気持ちを伝えておくことが重要です。お返しの品物を選ぶ際は、いただいた結婚祝いのおおむね2分の1から3分の1程度の金額の物を選ぶのが通例となっています。ただし、極端に高額なご祝儀などをいただいた場合はこの限りではなく、常識的な範囲内で予算を決めて良いとされています。結婚の内祝いには、二人の幸せな門出に関わる贈答品であるという特徴を持っています。そのため、「切れる」「割れる」といった縁起の悪い言葉を連想させるギフトは避けるべきとされています。品物を選ぶ時は、刃物やガラス製品などは候補から除くようにします。こうしたタブーは地域ごとの違いもあるので、品物選びの際は年長の親族などに相談するのが賢明です。